干支のネズミを食べてみる!? ジビエ居酒屋「米とサーカス」でヌートリアフェア

IMG_2531

 今年の干支はネズミ。というわけで、この機会にネズミを食べてみる!? 亜細亜TokyoWorld(東京)の運営するジビエや昆虫に特化した居酒屋「米とサーカス」(高田馬場本店/渋谷PARCO店/錦糸町ダービー通り店)、ジビエ肉バル「パンとサーカス」(新宿三丁目)の4店舗は、2020年の干支「子」にちなみ、大型ネズミ・ヌートリアを使用した新春限定メニューを販売する。 1月2日〜1月31日の期間限定で、全7品を提供。 ラーメン・唐揚げ・鍋・グリルなどさまざまな調理法で、貴重なジビエ・ヌートリアを食べられる。

Print

 ヌートリアは柔らかく上質な毛皮が安価で取れるとして、日本では1939年に輸入され国内で飼育、軍の防寒用飛行服の裏地にも使われたという。当時は「勝利」にかけて「沼狸」(しょうり)と呼ばれ、全国で4万頭が飼育されたが、終戦後に需要が激減。飼育されていた個体の多くが山野に放され、現在は西日本各地の水辺に生息している。こうした野生のヌートリアによる農作物被害も報告されており、侵略的外来種として問題に。同社では、ヌートリアやジビエのおいしさを知ってもらうことで、“害獣”という概念を変えたい、そんな思いから、今回の商品開発・フェアの開催に至ったという。

11131430918110

 気になるお味はというと、鶏肉とウサギ肉の中間のような柔らかい食感で、淡白かつ上品な美味なのだとか。ラインアップは、ヌートリアの骨でだしをとった塩ラーメン「ヌートリアヌードル」(1,480円・ダービー通り店限定)、寒いこの季節にピッタリの「ヌートリア醤油鍋」(高田馬場本店限定)「ヌートリア味噌鍋」(渋谷PARCO店限定・いずれも1人前2,580円)、素材のおいしさを味わえるヌートリアの塩焼き (2,280円・高田馬場本店限定) 、ヌートリアの唐揚げ (1,280円・渋谷PARCO店限定)、他のジビエと食べ比べても楽しい「ヌートリアのグリル」(80g 1,700円・パンとサーカス限定) 。そして1月2日・3日の2日間は「ヌートリアのお雑煮」 (1日10食限定600円・渋谷PARCO店限定)もある。店舗により年始休業期間が異なるので確認しておこう。ヌートリアで2020年の“肉始め”も楽しそうだ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ