サウンドウォリアーから超薄型CDプレーヤー

1219 サウンドウォリア超薄型CDプレーヤー-main

 音響、通信機器などの城下工業(長野県上田市)は、自社オーディオブランドSOUNDWARRIORの新CDプレーヤー「SWL-CA1」を、12月25日に発売する。スロットインメカの搭載で高さ約30mmに薄型化されている。価格は6万5,000円(税別)。

 先に発売の真空管アンプSWL-AA1と同じA4大の設置サイズに加え、CDを載せるトレイを持たず、挿し込むように装着するスロットイン方式として薄型デザインを実現している。本体サイズは幅290×高さ30×奥行194mm、重さ約1.6kg。

1219 サウンドウォリア超薄型CDプレーヤー-sub1

 デジタル回路ではDACには定評あるES9016K2Mを採用。PCM192kHz/24bitまでのハイレゾ音源にもに対応するデジタル入力(同軸、光)を装備している。市販のBluetoothアダプターの使用に便利なDC5V出力(USB-A)があるのは、今様の使い方に便利だ。カード型リモコンも付属する。なお、サイズやスイッチ類の配置を合わせた前出の真空管アンプSWL-AA1、小型スピーカーSWL-SA1がセットになったシステムSWL-A1SET2(同21万円)も同時発売となる。

1219 サウンドウォリア超薄型CDプレーヤー-sub2-SET2_01

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ