オオアサ電子が新技術を使った全方位スピーカーシステム

1218 オオアサ電子が新技術を使ったスピーカーシステム_img

 液晶パネルや音響機器のオオアサ電子(広島県北広島町)は、自社Egretta(エグレッタ)ブランドで、スピーカーシステム「TS-A200」シリーズを、12月24日に発売する。独自の意欲的な技術を投入した全方位スピーカーで、アンプを内蔵したステレオペアの「TS-A200as」(税別19万6,000円)、モノ使用に向く単体の「TS-A200a」(同12万4,000円)、アンプを非内蔵とした「TS-A200s」(同7万2,000円/1台)がラインアップされている。

 円柱型の本体は、いずれもフットプリントが13cm円、高さ26cmのコンパクトサイズで、外観も放射する音をコントロールするための円盤型ディフューザー(音響拡散器)があり、一般のスピーカーとはちょっと異なっている。低音ウーファー、高音トゥイーターの各ユニットは上向きに取り付けられ、ディフューザーで音を強化しながら、360度全方向に行き渡るように放射する。

 スピーカーユニットも、トゥイーターはこの拡散の仕組みにさらに最適化した、面で音を放射するハイルドライバー型で、振動板には粘土を主原料にした好適の物理特性をもつ新機能性素材を採用。ウーファーも改質リグニンというスギ由来の新素材の振動板とするなど、各所に先端技術が使われている。

 出力18Wの内蔵デジタルアンプはDAC機能を備え、USBや光デジタル入力により、ハイレゾ音源(PCM192kHz・DSD5.6MHz、各最大)の再生に対応。ヘッドホン出力もある。Bluetoothによりスマホなどの音楽コンテンツのワイヤレス再生ができるので、さまざまな音源が楽しめる。大きさと重さは、幅130×高さ260×奥行130mm・約1.5kg(1本あたり)。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ