Astell&Kernが新世代のハイレゾポータブルプレーヤー発売

1218 Astell&kernが新世代プレーヤー_AS700-02
SA700

 ハイエンドDAP(デジタルオーディオプレーヤー)ブランドのAstell&kernから、新しい標準モデル「SA700」が登場した。“ブランドヘリテージを再解釈”というコンセプトで開発され、トレンドセッターとなった第一世代のデザインを、現代的にアップデートしながら、最新の高音質デジタル技術を採り入れている。ブラック、シルバーの2仕様があり、価格はオープン。直販サイトでは、16万9,980円(税込み)のプライスタグが付けられている。取り扱いは、PC関連機器や輸入オーディオ機器のアユート(東京)。

 片手で主要操作ができる小型サイズとされ、先代のデザインアイコンであったプロテクター付きボリュームはブラッシュアップされ、LEDのインジケーターが仕込まれている。画面のGUIも現在の第3世代となるが、従来のテーマをアレンジした画面の設定も可能だ。ボディが、従来、最上級モデルのみで使われていた、さびなどに強い高耐久性のステンレスとなっているのは、ヘビーユーザーにはうれしいポイントになる。

1218 Astell&kernが新世代プレーヤー_AS700-01

 音質の要であるDACは、ポータブル向けハイエンドデバイスであるAK4429ECBを左右チャンネルそれぞれに投入したデュアル構成。現行トップレベルとなるPCM384kHz/32bit、DSD256(11.2MHz)のハイレゾ音源をコンバートなしに再生が可能で、今、話題のMQA音源の再生にも対応している。このほかUSB-DAC機能やBluetooth対応はもちろん、音楽ストリーミングサービスアプリのインストールやDLNAネットワークオーディオにも対応するなど、据え置きのオーディオコンポーネント並みの拡張性も備えている。内蔵メモリー128GBで、1TBまで拡張できるmicroSDカードスロットも装備し、合わせれば約5,000曲以上(音源がCDグレード時)を収録可能。約8.5時間、連続して音楽が楽しめる。大きさは幅59×高さ116×厚さ16.5mm、重さが303g。

1218 Astell&kernが新世代プレーヤー_AS700-03

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ