150年の伝統を受け継ぐ和三盆 創業230年の記念セット「讃岐の和み」

P1045482

 1789年(寛政元年)からしょうゆの製造を行っている鎌田醤油(香川県坂出市)は、創業230年を記念した和三盆セット「讃岐の和み」を数量・期間限定で発売した。和三盆は香川県や徳島県など主に四国東部で伝統的に生産されている砂糖の一種で、綿・塩とともに香川の特産品である「讃岐三白」(さぬきさんぱく)に数えられている。讃岐の和みセットでは150年前に作られた菓子木型を使って花鳥風月に似たデザインの和三盆(24粒)を作成。そのおいしさを引き立てる香川の銘茶「高瀬茶」を、すっきりとした味わいの浅蒸し茶(30g)と、甘みと渋みの調和がとれた深蒸し茶(同)の2種類で用意している。価格は、230年を記念して税込み2,300円(送料別)。3,000セット限定、12月25日(水)まで販売。

 12月はクリスマスケーキなど洋菓子を食べる機会が多いかもしれないが、和三盆の淡雪のような繊細な口溶けもまた格別だ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ