長野・白馬八方尾根スキー場に新コース 絶景にダイブするTENBO

main

 さて、いよいよゲレンデに向かう季節。今年はどこに、と考え中なら、新しいコースが開放された長野の白馬はいかが? 冬季シーズンの営業が12月6日にスタート、絶景の新エリア、「TENBO」を楽しめる。

 白馬八方尾根スキー場は、雄大な北アルプスの麓にあり、総滑走距離約2万3,000m、最長滑走距離約8,000m、高低差1,071m、日本有数の規模だ。今シーズンオープンしたTENBOは上級者コース。標高1,650mから最大傾度38度のオフピステ(非圧雪)を滑走、良質なパウダースノーを堪能できる。

 標高1,400mに位置するうさぎ平テラスの屋上にこの夏オープンした「HAKUBA MOUNTAIN BEACH」(白馬マウンテンビーチ)も、冬仕様に装いを変え、12月21日にオープンする。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ