お皿のようなフライパン 「つくる」と「たべる」を一つで

フライパンジュウ
フライパンジュウ

 面倒な時はもちろん、調理した熱々をそのままテーブルでシェアしたい時にも便利だ。東京のクリエイティブユニットTENTと大阪の町工場 藤田金属(大阪府八尾市)がコラボして作った鉄フライパンジュウに新しくLサイズと深型が加わった。作ると食べるを一つでできる「フライパンジュウ」はサイズもいろいろで、重ねてしまえるから場所もとらない。

sub8

 お皿のようなたたずまいの鉄フライパンで、スライド着脱方式の持ち手。人気のMサイズをベースに、今回はいろいろ使える高さ80mmの深型サイズ(税別8,000円~)と、みんなで使える直径240mmのLサイズ(同8,000円~)が登場した。深型は、煮物やカレー、スープなどの汁物はもちろん、網を使って薫製を作るなどさまざまな調理を楽しめる。Lサイズは、これからの時期に活躍する大皿料理、二つの料理を同時にするワンプレート調理もできる。

 片付けはスタッキングですっきり。さて、何を作ろうかな~!

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ