ラックスマンがMQA対応のデジタルディスクプレーヤー2モデルを発売

 オーディオのラックスマン(横浜市)は、CDプレーヤー「D-03X」(26万8,000円・税別)とSACD/CDプレーヤー「D-10X」(同120万円)を12月下旬に発売する。メカニズムやオーディオ回路に改良を加えるとともに、新たにMQA-CD/MQAファイルの再生に対応しているのがポイント。MQA方式はハイレゾ音源の情報量やクオリティを保ちながら大幅にデータ量をコンパクト化(圧縮)できる技術で、新メディアから手持ちのCD、SACDも、さらにいい音で楽しめる。

CDプレーヤー D-03X
CDプレーヤー D-03X

 D-03Xは、ドライブメカニズムに高い実績のあるCD専用メカを搭載。高剛性構造にさらにスチール製トッププレートを加えた最新仕様としている。デジタル回路では音質に定評あるDACチップPCM1795を搭載し、左右独立のデュアル構成、低ノイズ・低ジッターのクロックモジュール、よりデータ転送が安定したBulk Pet転送などで、CDからハイレゾデータまでの高精度な変換が可能。アナログ回路ではDACの高品位な差動出力をそのまま受けてアナログ出力する完全バランス回路を構成する。

D-03X リアパネル
D-03X リアパネル

 USB入力によるハイレゾ再生では、PCM384kHz/32bitとDSD11.2MHz(いずれも最大)に対応。3段階あるMQAデコードもすべてのモードに対応し、もちろんMQA-CDだけでなくUSBや同軸・光のデジタル入力からのファイル音源の再生も可能だ。

 フラグシップモデルD-10Xでも、改良のポイントはほぼD-03Xに通じるがより一層の高品位化が図られている。ディスクドライブは外部振動を徹底的に排除する新設計のオリジナルメカニズムを投入。DACには最新設計のローム社製”MUSE-IC”をデュアル構成として、PCM768kHz/DSD22.4MHz(いずれも最大)対応という、現在のハイレゾ音源再生のトップレベルのパフォーマンスを確保。クロックモジュールもさらに低ノイズで高精度・低ジッターの超低位相雑音タイプとしている。

CDプレーヤー D-10X
CDプレーヤー D-10X

 アナログ回路では、同社アンプにも使われ高い評価を受けている独自の帰還方式の最新バージョンを組み入れ、歪み特性を大きく改善。またこの回路内でゆるやかな帯域処理を行うことで、出力フィルターを排除した自然なサウンドにも拠しているという。

D-10X リアパネル
D-10X リアパネル

 MQAはもちろんフルデコード対応。USBや同軸・光のデジタル入力や、バランス端子も備えたアナログ出力など、機能の発展性・拡張性も十分。PCにインストールして使うハイレゾや圧縮音源に対応した専用の再生ソフトも用意されている。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ