「ニッポンの食」で卓球日本代表選手をサポート 全農、おにぎりやいなり寿司などを差し入れ

日本産米を使用したおむすび
日本産米を使用したおむすび

 日本代表選手が海外遠征する際、現地の慣れない食事や環境、衛生面で苦労する実情がある。そんな中で選手たちが最高のパフォーマンスを発揮できるようにと、全農は海外ネットワークを活用し、日ごろ日本で食べ慣れている和食の提供をしている。11月21日から24日にシンガポールで開催された卓球大会「T2ダイヤモンドシンガポール大会」に出場した卓球日本代表選手には、大会期間中、日本産米の「おむすび」や「いなり寿司」を提供し、食事をサポートを行った。6月の香港オープン、10月のドイツオープンに続き、今回で3回目のサポートとなった。

日本産米を使用したいなり寿司
日本産米を使用したいなり寿司

 T2ダイヤモンドシンガポール大会は、ワールドツアーランキング上位のトップ選手16人が参加するハイレベルな大会。オリンピック出場のために必要なポイントがより多く獲得できることもあり、注目を集めていた。同大会に出場した女子日本代表の伊藤美誠選手(スターツ)は日本人最高の2位に入賞。男子代表の張本智和選手(木下グループ)は3位に入賞している。

 全農は、会場の選手ラウンジや関係者・VIPラウンジに日本産米のおむすびやいなり寿司を提供し、「ニッポンの食」で大会をサポート。選手ラウンジでは日本代表選手団だけでなく、中国やドイツなど、様々な国の代表選手・スタッフの人々がおむすびを手に取る姿が見られた。また、期間中、試合や練習に励む日本代表選手たちの疲労回復やエネルギー補給に役立ててもらおうと、全農ブランドのパックご飯やドライフルーツ、みそ汁、スープも現地で提供した。

食材を手に笑顔の(左から)丹羽考希選手(スヴェンソン)、石川佳純選手(全農)、張本智和選手(木下グループ)
食材を手に笑顔の(左から)丹羽考希選手(スヴェンソン)、石川佳純選手(全農)、張本智和選手(木下グループ)

 倉嶋洋介・ 男子監督は「海外遠征において、食や栄養はスポーツ選手にとって何よりも大切。初日から最終日まで日本の食を提供いただけるのは本当にありがたい」、馬場美香・女子監督は「日本選手にとって、おむすびやいなり寿司はいつも食べているもので、かつ消化もよくすぐエネルギーになる食品。遠征先ではどうしても脂っこい料理が多いので、いつもご提供いただく消化のいい食品はとてもありがたい」などと感謝のコメントをしている。

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ