夫(彼)の趣味が原因でけんかする人はどれくらい? 夫婦円満に過ごすコツとは

 先週11月22日は「いい夫婦の日」だった。夫婦円満のために共通の趣味でもあれば良いけれど、独りで没頭したいマニアックな趣味を持つ人もいるだろう。そして、趣味に没頭しすぎれば、家庭が疎かになり夫婦喧嘩の原因になることもあるかもしれない。そこでオーヴォ編集部は「いい夫婦の日」を前に「夫(彼)の趣味が原因でけんかすることある?」という調査をしてみた。

 調査は、J:COMユーザーを対象に11月18日~25日に実施し、男女計358人から回答を得た(コア層は35~49歳)。回答は「ある」(42%)、「ない」(58%)と半数近くの人は趣味が原因でけんかをしたことがある一方、夫(彼)の趣味には寛容な人も半数以上いることが分った。

 そろそろボーナス時期も迫り、趣味のアイテムなどの購入を検討している人も多いかもしれない。しかし、お金がかかる趣味は夫婦喧嘩の火種になりがちだ。そこで夫の趣味に比較的寛容な主婦の意見を聞いてみた。
 「夫が毎週のようにゴルフ行って散財していますが、私も好きなものを同じように買っているので黙認しています」(40代主婦)、「週末になると釣りやひとりキャンプに出かけていた主人が、最近では積極的に家事・育児をするようになったので自由にさせています」(30代主婦)、「バイクや車の改造に夢中の主人は、かなりの費用をかけているようですが、趣味に使う費用は全て副業で賄っているので一切文句はありません」(40代主婦)などの声が。

 今年の「いい夫婦パートナー・オブ・ザ・イヤー 2019」に選出された、俳優の高橋英樹は夫婦円満の秘訣(ひけつ)について「会話。相手の気持ちを考えること」とコメント。シンプルな内容ではあるけれど、相手の気持ちになり、家事・育児をした上で、趣味に打ち込むことが大切なのかもしれない。男性陣はこのワードを忘れず、趣味に没頭しすぎないように注意したい。

 

 

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ