振って食べる新感覚ラーメン 「SHAKER noodle」の温麺スタート

SHAKER noodle
SHAKER noodle

 細長いプラスチック容器は一見ドリンクのよう。でもよく見ると野菜などの具材が入っていて、noodleと書かれている。アメリカで人気の新感覚グルメを提供する東京・中野の「SHAKER noodle」は、冬期メニューとしてあたたかい麺の販売を始めた。同店の特徴はラーメン(シェイカーヌードル)がドリンクのような容器に入っていること。シャカシャカと振って麺・具材・スープを混ぜて食べる。メニューは、しょうゆ・塩・ユッケジャンと新たに加わったピリ辛しょうゆ味(各税込み550円)。麺はちぢれ麺・平打ち麺・ストレート麺の3タイプから選択できる。そのほか、肉汁溢れる山形牛を使ったこだわりの「ベーコンチーズバーガー」(同1,800円、ポテト・ドリンク付き)もある。いずれもテイクアウト可能だ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ