受験生に準備の大切さ伝える フィギュアの紀平梨花選手がCMに

main

 どんなことでも、挑戦するなら準備は大切。だが最も苦しいのが準備の期間だ。そこで、大学受験を控えた高校1、2年生に準備の大切さを伝えるCMができた。フィギュアスケート選手の紀平梨花選手が初出演した東進ハイスクールと東進衛星予備校(ナガセ・東京都武蔵野市)のCMだ。11月16日から放映される。

 現在の高校2年生は、1990年から続いたマークシート式のセンター試験方式から、思考力や判断力、表現力をより重視した「大学入学共通テスト」を受験する初めての学年。高校2年生の10月~12月に受験勉強をスタートした人と、高校3年生に入ってから受験勉強をスタートした人では、センター試験で3教科合計平均19.4点もの差がつくという調査データ(同社調べ)もあり、大学受験に向けて早いタイミングから“準備”が必要だ。

sub4

 そこで目下高校2年生で、フィギュアスケートの世界で頂点を目指して挑戦と準備を続ける紀平選手を起用。「自分の状態に合わせた練習」という“準備哲学”を持って練習に励む様子を盛り込んだ。

 必死に準備している受験生たち。英語民間試験の延期が議論されているが、文科省も制度を変更するなら、しっかり「準備」してからお願いします!

sub3

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ