タワマンは天空の老人ホームに 人口減少で起きることを予測

main

 全国民の3人に1人が65歳以上になり、自治体の半数が消滅、3戸に1戸が空き家になり、火葬場が不足する。人口減少で見えてくるのはかなり“寒い”未来だ。『マンガでわかる 未来の年表』(水上航 監修・河合雅司(講談社・東京)が発売された。

 未来への案内人MIRAIが人々を未来の日本へ連れていき、人口減少社会で起こる事象をリアルに体験させる、という内容。たとえば、「夢のようなタワーマンション、将来天空の老人ホームになりますがよろしいでしょうか?」など、シビアな予測が満載だ。

 マンガアプリ「Palcy」(講談社・ピクシブの共同運営)で連載されたコミックの単行本化。少子高齢化が猛スピードで進行し、社会・経済が縮小していく日本の未来の実像を、ジャーナリストの河合雅司氏がデータを駆使し、具体的に解説した『未来の年表 人口減少社会日本でこれから起きること』(講談社現代新書)が元になっている。価格は税別1,100円。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ