マランツから音声操作・ハイレゾ対応のネットワークオーディオレシーバー

0930 マランツが音声操作のネットワークレシーバー-main

 オーディオブランドのマランツ(ディーアンドエムホールディングス・川崎市)は、ネットワークのストリーミングサービスなどもよりいい音で楽しめるオーディオアンプ「NR1200」を、10月中旬に発売する。価格は7万8,000円(税別)。

 ストリーミングサービスでハイレゾ音源が配信され、4K映像コンテンツなどの高品位なサウンドが楽しめるようになってきた昨今、その高音質をそのまま再生できるオーディオ機器が注目されている。

 NR1200は、定評あるアンプ技術に基づく回路や、最新のDACチップで構成した高度なデジタル回路などによる高音質設計をベースに、ネットワーク上の音楽コンテンツに対応するさまざまな機能を備えている。

 新たに5入力/1出力のHDMI端子を装備。最新のHDCP2.3規格をサポートし、4Kコンテンツが持っているハイレゾ並みの音声も十全な再生を図る。ネットワークオーディオとしては、音楽ストリーミングサービスのAmazon MusicやAWA、Spotifyなどに加えて、ハイレゾ対応音楽ストリーミングサービスであるAmazon Music HDにも対応しているのが大きな特徴。

0930 マランツが音声操作のネットワークレシーバー-sub 2

 Amazon Alexaによる音声コントロールに対応。Alexaに話しかけてNR1200の再生操作や音量調整ができるほか、Amazon Musicのコンテンツから聴きたい楽曲を、曲名やアーティスト名、年代などを指定して再生できる。さらに、TuneIn経由で世界中のインターネットラジオの放送局を音声で呼び出せる。

 これまでと同様、ネットワーク内のNAS、PCやUSBメモリーにあるハイレゾを含むファイル音源の音楽再生が可能。スマホと連携できるBluetooth、Air Play2にも対応。これらの多機能を簡単に操作できるように、スマホの専用アプリも用意されている。

0930 マランツが音声操作のネットワークレシーバー-sub

 ほかにもFM/AMチューナーを内蔵、フォノ入力も装備しており、さまざまなコンテンツが楽しめる。アンプ出力は75W+75W、消費電力210W、大きさと重さは幅440×高さ105×奥行378mm/7.9kg。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ