お買いものついでに交通ルールを学ぶ 「かながわゼロアクション」初のイベントを開催

自転車の交通ルールなどが学べる「ゆとり号」
自転車の交通ルールなどが学べる「ゆとり号」

 神奈川県と民間の企業・団体が一丸となって自転車事故0を目指す活動「かながわゼロアクション」初の自転車交通安全PRイベントが5日、川崎市内で行われた。

 会場には交通安全教育車「ゆとり号」や、ラジオ出演体験ができる「キッズDJ」、自転車の危険運転を疑似体験できるVRキットなどさまざまな催しがあり、買い物に来ていた家族連れでにぎわった。

IMG_4192

自転車に関する質問に答える子どもたち
自転車に関する質問に答える子どもたち

 今回、筆者も実際に「ゆとり号」にある自転車シュミレーターを体験。自転車にはここ数年乗っていないものの、以前自転車講習を受けたこともあり自信を持って挑んだが、自己流で覚えてしまっていたり、忘れてしまっていたりとミスを連発。事故を起こしてしまう前に交通ルールを再確認する重要さを痛感した。

イベントではスタンプラリーも行われた
イベントではスタンプラリーも行われた

 たとえ力の弱い子どもがこいでいても、スピードが出てしまう自転車。ぶつかった時の衝撃は、大人でも大けがをしてしまうほど。このようなイベントを通して、自転車運転のルールや自転車保険のことを家族で学び直すのもいいかもしれない。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ