子どもを入学させたい中学校No.1 『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』

cover_kanki_kosodate

 最近、定期考査を実施しない学校が少しずつ増えているが、東京・千代田区の麹町中学校もその1つ。宿題もなし、固定担任制の廃止など、次々とこれまでの常識を打ち破り、改革を実施してきたのが校長の工藤勇一氏だ。その工藤氏の新刊『麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』(かんき出版・東京)が10月17日(木)に発売される。

 友達は多い方がいいはず、学校には行かなきゃならない、親子は仲良くしなくてはいけない…など、子育ての“当たり前”について考えたのが本書。ハウツー本ではなく、子育てに悩めるすべての親へ37のヒントを提供している。これまでの著作よりも親目線で執筆し、いじめへの対応や学校への相談方法などが書かれている。税別1,400円。

 目次例:「手をかけないほど、子どもは自律する」「親はいい加減くらいでちょうどいい」「子どもの問題は大人が勝手につくっている」「家庭学習の習慣は、子どもの時間を奪うだけ」「約9割の子どもがいじめ加担者」「全員が当事者になることで教育が変わる」など

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ