こまつ座&ホリプロ公演 「組曲虐殺」を上演

0001

 井上ひさしの戯曲を上演している、こまつ座(東京)とホリプロは、「組曲虐殺」を10月6日~10月27日の期間、天王洲銀河劇場(東京都品川区)で上演する。

 この作品は、井上ひさしの最期の戯曲として知られ、2009年に初演、2012年に再演されて数々の演劇賞に輝いた。井上芳雄、神野三鈴、山本龍二、高畑淳子らオリジナルキャストに、上白石萌音、土屋佑壱らフレッシュな面々が加わり、今回、新たに生まれ変わる。

0001 (1)

 蟻一匹殺せないような内気で優しい少年が、なぜ29歳で死を迎えたのか──井上ひさしと栗山民也、小曽根真が生み出した、明るさと笑いと涙に包まれた小林多喜二の音楽表現劇、待望の再演だ。

 入場料はS席9,000円、A席7,000円(全席指定、税込み)。

 前売り、問い合わせは、こまつ座(03-3862-5941)、ホリプロチケットセンター(03-3490-4949)まで。こまつ座オンラインチケットホリプロオンラインチケットはHPから。

 

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ