箱根登山鉄道の車両がカフェに!? 引退車両でちくわパン~

main 登山鉄道の中でカフェタイム。動いていなくたって楽しそうだ。鈴廣蒲鉾本店(小田原市)は、箱根登山鉄道の引退車両を譲り受け、9月8日、「えれんなごっそCAFÉ107」としてグランドオープンする。

 車両は、この7月に引退した「箱根登山鉄道 モハ1形107号」。カフェには店舗とテラス、車両の3つのイートインスペースがあり、店舗で買ったメニューを車両内でも食べられる。

sub1 sub2

 メニューは鈴廣が手がける地ビール、「箱根ビール」(300ミリリットル、450円)や、オリジナルブレンドの「箱根珈琲」(350円)などのドリンクのほか、「かまぼこピンチョス」(500円)や「ちくわパン」(350円)、「かまぼこサンドウイッチ」(500円)など、かまぼこ店ならではの特製メニューも。さらに、同電車をイメージした「登山電車ケーキ」もある。住所は、神奈川県小田原市風祭245。1-:00~17:00まで営業。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ