えっ、お酒なのに「本まぐろ」だって!? 和食に相性抜群の日本酒を発売

純米吟醸 本まぐろ
純米吟醸 本まぐろ

 えっ、日本酒なのにマグロなの!? 東京の蔵元である田村酒造場は、和食をよりディープに楽しめる「純米吟醸 本まぐろ-HONMAGURO-」(価格はいずれも税別で、1.8リットルが3,300円、720ミリリットルが1,650円)の販売を始めた。

 料理と酒のペアリングを愛好する日本酒通に向けて提案する、刺身やすしなどの魚料理と相性抜群な日本酒(純米吟醸)。大吟醸レベルの精米歩合で醸し、高級感のあるほどよい吟醸香とうまみをまとった辛口が特徴で、「ほどよい吟醸香で、米のうまみやコクがあること」「後口がキレよい辛口が魚の繊細なうまみや甘味をひきたて、食欲を増進すること」の2点に狙いを定めた。

 名前は、もちろん、世界に名が轟く魚の王様である「本まぐろ」に由来。東京都中央卸売市場(豊洲市場)で行われるまぐろの初競りは日本の新年の風物詩で、この本まぐろの名声にあやかって、既成概念にとらわれずに命名をしたという。商標権も取得済みだ。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ