丸山珈琲×栗の小布施堂 生地にコーヒーを入れた「コーヒーどらやき」

main 栗きんとん、モンブランに栗羊羹(ようかん)。これから旬を迎える秋の味覚・栗とコーヒーの相性はとてもいいらしい。丸山珈琲(長野県軽井沢町)と栗菓子の老舗「小布施堂」(長野県小布施町)は、コラボ商品「コーヒーどらやき」(税別338円)を発売した。どらやきの生地に「丸山珈琲のブレンド」コーヒーを練り込み、コーヒーのほろ苦さと栗餡(あん)の甘さが調和した、渋皮栗のような風味が楽しめるどらやきに仕上がっている。販売は丸山珈琲の直営店もしくはネットで10月14日(月)まで。5個入りのセット(同1,790円)もある。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ