JBLからリビングの音と映像をグレードアップするバースピーカー

0827 JBLからリビングの音と映像をグレードアップするバースピーカー_main

 輸入オーディオ機器のハーマンインターナショナル(東京)は、米国JBLブランドのテレビ用バースピーカー「LINK BAR」、「BAR2.0 All-in One」の2モデルを発売した。価格はオープン、オンラインストアではLINK BARが3万9,880円(税別)、BAR2.0が1万7,880円(同)となっている。

 LINK BARは“スマートオールインワン”と名乗るように、Android TV搭載、Googleアシスタント機能、Bluetooth対応、4K対応HDMI端子など、現在の多様な音・映像の楽しみ方ができる、スマートスピーカー/バースピーカー。Android TVにより、自宅のTVをネットにつなぎ、YouTubeや映画などのオンラインコンテンツを、大画面かつ高解像度、迫力あるサウンドで見られる。さらに、Googleアシスタントによる音声でのニュースや天気情報の読み上げ、音楽配信サービスの選曲や再生、対応機器の音声操作ができる。Bluetoothもあるので、スマホやPCの音楽コンテンツを簡単にワイヤレスで再生できる。大きさと重さは幅1020×高さ60×奥行93mm・2.2kg。

0827 JBLからリビングの音と映像をグレードアップするバースピーカー_sub1

 もうひとつのBAR 2.0 All-in Oneは、シンプルにテレビ音声のグレードアップができるモデル。HDMI ARCに対応していて、HDMIケーブル1本でテレビと接続、テレビのリモコンでも操作できるなど一体で楽しめるようになっている。コンパクトなデザインなので、テレビの前の設置にもスペースの確保が容易だ。

 Bluetooth対応でスマホやパソコンの音楽のワイヤレス再生が可能。新開発のスピーカーで、テレビの映画や音楽、ニュースなどのさまざまなプログラムに対応し、声の帯域が聴き取りやすく設計してあるという。大きさと重さは幅614×高さ58×奥行90mm・1.6kg


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ