東京2020パラリンピック1年前カウントダウンイベント開催 「新しい地図」の3人も楽しさをアピール

「新しい地図」の3人も車いすテニスに挑戦。
「新しい地図」の3人も車いすテニスに挑戦。

 東京2020パラリンピック開幕までちょうど1年となった8月25日、東京・代々木公園では1年前カウントダウンイベント「みんなのスポーツ×ファンフェスティバル」が開催された。東京2020オリンピック・パラリンピック組織委員会と東京都の主催によるこの催しは、パラリンピックの「楽しさ」や「価値」を発信し、東京パラリンピックの各会場に1人でも多くの人が来場したくなるような雰囲気を盛り上げるのが目的だ。

 会場となった代々木公園のサッカー場・ホッケー場、陸上競技場では、たくさんのアスリートやゲストが登場して、さまざまな競技デモンストレーションなどが行われた。

巨大扇風機の追い風を受けてジャンプするマルクス・レーム選手。
巨大扇風機の追い風を受けてジャンプするマルクス・レーム選手。
なんと8m50cmの世界新記録が誕生!
なんと8m50cmの世界新記録が誕生!

 陸上競技場で圧巻のパフォーマンスを見せたのは、ドイツのマルクス・レーム選手だ。パラリンピック陸上競技男子走り幅跳びで3度の金メダルに輝いた同選手は、自身が持つ8m48cmの世界記録更新にチャレンジ。巨大扇風機を使って人工的な追い風状態を作り出すというお遊び的な企画ではあったが、3回目のジャンプで8m50cmを飛び、見事、世界記録更新(?)を成し遂げた。これには、コメンテーターとして参加していた武井壮さんも大興奮していた。

インタビューに答えるマルクス・レーム選手(左から2人目)。右端は武井壮さん。
インタビューに答えるマルクス・レーム選手(左から2人目)。右端は武井壮さん。

 車いすテニスのデモンストレーションでは、東京2020でメダルが期待される国枝慎吾選手と上地結衣選手が登場。それぞれ、お笑い芸人のガリベンズ矢野さんと小島よしおさんをパートナーにして、ダブルスのような形でプレーを披露した。お笑い芸人の2人が慣れない車いすに苦戦し、ほとんど試合にならなかったが、小島よしおさんがまぐれ(?)で国枝選手から1ポイントを奪うと会場は笑いに包まれた。

右から、小島よしおさん、上地結衣選手、国枝慎吾選手、ガリベンズ矢野さん。
右から、小島よしおさん、上地結衣選手、国枝慎吾選手、ガリベンズ矢野さん。
右から、小島よしおさん、上地結衣選手、国枝慎吾選手、ガリベンズ矢野さん。
右から、小島よしおさん、上地結衣選手、国枝慎吾選手、ガリベンズ矢野さん。

 会場の近くでは、アイドルグループSMAPの元メンバーで、「新しい地図」として活動する草なぎ剛さん、稲垣吾郎さん、香取慎吾さんの3人が取材に応じた。国際パラリンピック委員会(IPC)の特別親善大使と日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーターを務める3人は、IPCドゥエーン・ケール副会長とともに登場。パラリンピックへの熱い思いを語った。

 香取さんは、「平昌で行われた2018年の冬季パラリンピックを見て人生観が変わりました。実際に会場に足を運ぶことによって変わること、そしてそこから先につながることが必ずあると思います」と会場へ足を運ぶことの重要性を強調。

 草なぎさんも、「選手の皆さんはめちゃ明るくて圧倒されます。大会まであと1年となり選手はますますトレーニングに熱が入っています。僕らも多くの皆さんに来ていただけるよう頑張りたい。チケットはすでに抽選販売受け付け中なので、ぜひチケットを入手して僕らと一緒に応援してほしい」とアピール。

 稲垣さんは「1年ほど前からパラリンピックのことを学んでいますが、魅力がいっぱいですね。ラグビーやテニス、水泳など慣れ親しんできたスポーツも、パラリンピックではまた違う魅力があります。各種目を新しいスポーツとして楽しんでもらいたい」とその魅力を語った。

取材に応じた「新しい地図」の(後列左から)稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんとIPC副会長のドゥエーン・ケール氏(手前)。
取材に応じた「新しい地図」の(後列左から)稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんとIPC副会長のドゥエーン・ケール氏(手前)。

 ケール副会長も、「大会の準備は順調。3人がパラリンピックの認知度をさらに上げてくれているので、いままでパラリンピックに関心のなかった人たちにもリーチしていくことを期待したい」「大会を通じてパラリンピックの認知度は上がると思いますが、そのレガシーとして障がい者に対する考え方が変わってほしい。障がいを持っているからできることもあるんです」などと、大会の意義を訴えた。

 取材後、4人は車いすテニス体験会場を訪れ、車いすテニスを体験。「中学時代に軟式テニス部に1週間だけ入部した」(稲垣)、「国枝慎吾さんと車いすテニスをプレーしたことがある」(香取)と自慢も交えつつ、楽しそうにボールを打ち込んでいた。

ENEOSのブースには、リアルなゴールシーンを撮影できる(注)トリックアートコーナーなどが。
ENEOSのブースには、リアルなゴールシーンを撮影できる(注)トリックアートコーナーなどが。

 なお、会場にはENEOS(JXTGエネルギー)など東京2020パラリンピックのパートナー企業のブースも設けられ、各社がさまざまな工夫を凝らしてパラリンピックの楽しい雰囲気を盛り上げていた。祭りは参加してこそ存分に楽しめるもの。1年後は、ぜひ会場に足を運んで“新しいスポーツ”を満喫しよう!

会場で「エネゴリくん」と記念写真を撮る来場者。
会場で「エネゴリくん」と記念写真を撮る来場者。
PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ