「あけてみよう かがくのとびら」展 科学絵本『かがくのとも』創刊50周年記念

main

 『はははのはなし』『みんなうんち』『わたしのあかちゃん』『ちのはなし』…。読んだことがある1冊はあるかな? 1969年の創刊以来、毎月子ども向けの科学絵本を発行してきた『かがくのとも』(福音館書店・東京)。その50周年を記念して、大日本印刷と福音館書店は共同で、『かがくのとも』初の展覧会「あけてみよう かがくのとびら」を開催している。

 エントランスを飾るのは、『かがくのとも』1~600号までの50年間の歴史を振り返ることができる巨大パネル。そこを抜けると、「きみとめぐる しぜん」「きみをしる からだ」

sub8

 「きみをはぐくむ たべもの」「きみとたびする のりもの」の4つの体験展示エリアに分かれている。そのほか、『かがくのとも』全601冊を自由に読むことができる「かがくのとも図書室」や、会場限定オリジナルグッズが購入できるショップもある。

 アリの視点の体験、夜の世界の探検、自分の目の観察、姿を変える食べ物の秘密など、身近なものを『かがくのとも』ならではの切り口で体感できるのが「あけてみよう かがくのとびら」展だ。開催は9月8日(日)まで。

「あけてみよう かがくのとびら展」

会期:2019年8月23日(金) ~ 9月8日(日) 10:00~18:00(※最終入場は17:30)

会場:アーツ千代田3331・1階メインギャラリー(東京都千代田区外神田6-11-14)

入場料:一般(中学生以上)1,000円、小学生400円、未就学児は無料

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ