映え写真、ホントに飽きた アサヒカメラが怒りの一撃

sub1

 レタッチし過ぎです、ホントに。自然を撮っているのに不自然に見える。ギラギラした風景写真はもう要らない、ということで『アサヒカメラ2019年9月号』(朝日新聞出版)は、氾濫するレタッチしすぎの劇的写真に警報を鳴らす<風景写真があぶない! 「レタッチしすぎ」の罠>という特集だ。

main

 「インスタ映え」写真、見飽きました。この言葉が2017年の流行語大賞に選ばれてから1年半以上。どこかで見たことがあるような写真ばかりが並び、「ありえないでしょう、こんな風景写真は」と、人気の風景写真家・米美知子さんもたいへんお怒りとか。イメージ写真やコマーシャルフォトならいざ知らず、「自然風景を撮るのであれば、自然を自然に表現してほしい」と。

 米さんによれば、「その色は自然界にはない色だよ」と言っても、劇的な色や光を求めてレタッチに時間をかけるあまりに、オリジナルの色が分からなくなったり、「記憶色」を頼りにレタッチを始めていたはずが、いつの間にか「希望色」になったりするそうだ。彩度が高くて、ぱっと見きれいな「スマホがつくる色」がいいと思う人が多くなってしまった、という。写真コンテストなどでは、自然風景を知らない写真家や主催者が審査員を務め、レタッチまみれの「ギラギラ系」風景写真を入選させてしまうこともあるのだとか。

sub2

 特集では、米さんのインタビューに加え、写真家の山口高志さんが「適正なレタッチとは何か」をテーマに、実践的なアドバイスを行うほか、ラグビーW杯や来年の東京五輪、秋に始まる子どもの運動会のために、<スポーツ写真の実践テクニックとトラブル防衛術>も掲載している。税込み980円。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ