テクニクスからネットワーク/SACDプレーヤー発売

0723 masaki テクニクスからネットワーク-SACDプレーヤーSL-G700_1

 パナソニックはオーディオブランドのテクニクスから、SACD(スーパーオーディオCD)再生とハイレゾやストリーミング音源の再生の2つの機能を複合化したデジタルオーディオプレーヤー、「SL-G700」を8月23日に発売した。価格は28万円(税別)。

 SL-G700の特徴は、SACDからハイレゾ、ストリーミングなどの音楽データまでの再生を一台でこなすだけでなく、それらの音源をさらにいい音で楽しめるように設計されていること。SACD再生については、CD再生とともに専用モードを搭載し、SACD/CD再生時は必要な回路以外の電源をオフにして、その影響を排除、音質の向上を図る。

 今話題のMQA方式に対応しており、内蔵MQAデコーダーにより、ハイレゾ並みのグレードのMQA-CDフルデコード再生や、音楽配信サービス各社からダウンロードしたMQAファイルのハイレゾグレードでの再生を可能にしている。もちろん、最新のハイレゾフォーマットに対応。PCMでは最大384kHz/32bit、DSDでは11.2MHzまでの音源が再生できる。

0723 masaki テクニクスからネットワーク-SACDプレーヤー-SL-G700_2

 ネットワーク機能ではGoogle Chromecastに対応し、アプリ経由による音楽ストリーミングサービス再生やGoogleアシスタントによる音声操作も可能。また、DeezerやSpotifyなどのストリーミング、インターネットラジオにもダイレクトにアクセスできる。もちろんネットワークプレーヤーとしてパソコンやNASに収めたファイル音源の再生もできるが、さらに外付けUSB-HDドライブが使えるので、ネットワークを通さなくてもミュージックバンクシステムとして活用できる。

 設計でも最新の高音質技術を投入。音質のキーとなるDACデバイスには旭化成エレクトロニクスのAK4497を左右に1基ずつ使うデュアルモノーラル構成として、独立した伝送によって左右干渉を抑え、音質を高精度、高品位に変換。また、DACと並び重要なクロック回路では、電源に独自のバッテリー駆動を導入しているのもポイント。AC電源では避けられないノイズ、歪みの影響も遮断している。このほかICアンプに頼らないディスクリートで組んだアンプ回路、ヘッドホン出力とアナログ出力それぞれに最適化した独立のアンプ回路とするなど、高級機にふさわしい取り組みを行っている。サイズと重量は、幅430×高さ98×奥行407mm/約12.2kg。

0723 masaki テクニクスからネットワーク-SACDプレーヤーSL-G700_3


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ