たいやき×フルーツ! 夏でもイケるおやつを東京・阿佐ヶ谷で

img_191222_3

 暑いとどうしても冷菓に傾く。冬はお世話になるたい焼き屋さんの前は素通り…ということが多いけれど、これならどうだろう? 餡(あん)の中に、巨峰の乱切りがゴロゴロ。「生ぶどうたいやき 巨峰」(税込み350円)が、東京・阿佐ヶ谷の「たいやき ともえ庵」で期間限定販売中だ。

 その名のとおり、たいやきのつぶ餡に、生の巨峰果実の乱切りを混ぜ込んで焼き上げたもの。最初のひと口から巨峰の風味とみずみずしい味わいを感じることができる、ちょっと不思議なたいやきだ。

 温かい生のぶどう?と首を傾げる人もいるようだが、ホットワイン同様、ぶどうの風味は温めることでより強くなり、おいしく食べられるという。販売は9月9日まで。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ