生徒たちが受け継ぐ人気のお菓子 学校の「お食後」レシピが1冊の本に

main

 給食を作っている栄養士さんが、家庭でも簡単にできる給食レシピを本にしてくれることは少なくない。でも、この本はちょっと違う。創立以来98年にわたり、毎日のお昼を生徒たちが自分で作っている「自由学園」ならではだ。同校の「お食後」の人気メニュー、洋菓子や和菓子のレシピを初公開した『自由学園の「お食後」』(誠文堂新光社・東京)が、8月8日に刊行される。

 同校で週に1度作られる洋菓子や和菓子などの「お食後」は、生徒たちが心待ちにする人気メニュー。ボストンクリームケーキやショソン、煮りんごをはじめ、桜餅、あん巻き、氷じるこなど、41点を収録した。1つで10人分もあるまんじゅう、「希望満充」といった自由学園ならではのレシピも掲載している。

 また、食にかかわる取り組みや、菓子作りの道に入った卒業生のインタビューも。近年始まった男子部での「お食事」づくりや、最高学部である大学部の生徒たちによる「食グループ」の活動など、学園全体の取り組みの一端も紹介されている。価格は1,500円(税別)。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ