DMMバヌーシーが出資者の新規募集を開始 あのキタサンブラックの全弟も!

_prw_PI1fl_N6wx6L45

 DMM.com証券(東京)は、このほど「DMMバヌーシー」で、本年度の競走用馬ファンドの新規募集を開始した。今回は7月8日に行われたセレクトセール 2019で落札した1歳馬2頭も新たにラインアップに加わり、全13頭で募集している。

 ラフィエスタ2018(牝1)とポルケテスエーニョ2018(牡1)は、いずれも筋金入りの名牝系の母に、キズナやドゥラメンテといった新進気鋭の種牡馬を父に迎えており、日本の新たな競馬界をリードしていく可能性を無限に感じさせる。また、この2頭以外にも、JRA史上最高賞金を獲得したキタサンブラックの全弟シュガーハート2018(牡1)や、阪神ジュベナイルフィリーズを制したショウナンアデラの全弟オールウェイズウィリング2018(牡1)、桜花賞馬を母に持つキストゥヘヴン2018(牡1)など、良血馬を多数取りそろえた。

 同クラブ現3歳馬は、およそ46%(8月1日現在)という高い水準で勝ち上がっており、今年のオークス(GⅠ)を制したラヴズオンリーユー(牝3・栗東・矢作芳人厩舎)に続く、未来のGⅠ候補を取りそろえるなど、夢を感じさせるラインアップだ。

 募集馬の確認はWebサイトで。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ