国立公園用専用フォント!? 自然に読める明朝体

d20509-19-812591-0

 ホームページやブログを運営している人は、その字体、いわゆる「フォント」に気を使う人が多い。同じ文章でも、フォントによって読み手が受ける印象はかなり異なるからだ。環境省向けに、オリジナルデザインの欧文書体とTP明朝を組み合わせた国立公園専用フォント「TP 国立公園明朝」(タイププロジェクト・東京)が登場。オンラインショップで一般販売もスタートする。

 環境省が2016年にスタートした「国立公園満喫プロジェクト」の一環として、開発が始まったフォント。日本の国立公園らしい品格や風合いを持ちつつ、看板等に使用した際の視認性を確保するのが目的で、現代的な骨格を持ったスラブセリフォント(セリフ部分が直線的で、縦横のストロークとセリフの太さの差が小さい書体)だ。

 TP明朝は、明朝体に横画と縦画の太さの比率を自由に変えられるコントラストという概念を導入した、初めての日本語フォント。TP明朝のローコントラストは、ゴシック体を思わせる線率を持ち、従来の明朝体と比べて横画が太いため、視覚的なインパクトが大きく誘目性に優れているのだそうだ。新たに開発した欧文書体は、このTP明朝ローコントラストの設計を共有して和文書体との調和を重要視、遠くからの視認性にも優れている。

 販売価格は1ウエイト(ダウンロード版のみ)2万360円(税込み)。または、同社のサブスクリプションサービスで利用できる。

REALTYPE.jp サブスクリプション: https://www.realtype.jp/

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ