シャープがネットの動画やゲームも楽しめる4K液晶テレビ発売

Microsoft Word - リリース201907104T-C70BN1.docx

 シャープは、新4K衛星放送が見られるBS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵した4K液晶テレビのAQUOS 4Kシリーズ8機種(画面サイズ40V型から70V型)を、7月27日から発売する。画面の大きさは40型から70型まで8機種、ダブルチューナーにより2番組の裏録画もできる。オープン価格。

 昨年12月1日の放送開始以来、だんだんと内容が充実してきている新4K放送は、今後の発展が見込まれる。AQUOS 4Kは、BS4K・110度CS4Kチューナー2基を内蔵し、4K放送を視聴中に別の4K放送と地上/BS/CSデジタル放送の2番組を同時に裏録画。さらに地上/BS/CSデジタル放送チューナーを3基内蔵して、地上/BS/CSデジタル放送を2番組同時に裏録画が可能で、そのためオプションとして専用外付けUSBハードディスク(4TB)も用意されている。

 またAndroid TVの最新プラットフォーム(Android 9 Pie)も採用して、インターネットの動画配信サービスやゲームなどのコンテンツが楽しめる。またマイク内蔵リモコンで、声で見たい番組を検索。さらにGoogleアシスタントに対応し、音声での操作や同じく対応の家電機器の操作ができるのも便利だ。

 このほか、テレビの向きを簡単に変えられる回転式スタンド、番組を見る状況を分析しておすすめ番組を音声で知らせる機能、テレビ音声をワイヤレスで出力するBluetooth音声出力を備え、ワイヤレスヘッドホン/イヤホンでテレビの音声が聴けるのも便利。HDMI全端子がフルスペックの4K HDRに対応するなど、使いやすく高画質で楽しめるようになっているのもポイントになるだろう。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ