現役高校生対象の「地元再発見コンテスト」 8月19日から募集開始

 千葉商科大学商経学部では、現役の高校生を対象とした「地元再発見コンテスト」の募集を8月19日に開始する。

1_original

 このコンテストは、高校生が地域資源を活用したビジネスプランを考えることを通し、地元への意識をさらに深めてもらうこと、さらに、高校生の考案したビジネスプランを同大から社会に発信することで、地域経済の力となっていくことを目指し、2014年度から実施している。地元の観光ビジネスにつながるような地産商品、伝統文化、世界的に誇れる技術を持つ中小企業など、地元の自慢できる「もの」・「こと」を高校生が調査。地域の魅力を掘り起こし、地方ビジネス創出のアイデアを提案する。

 昨年の受賞アイデアは、最優秀賞が「新たなみなかみ町へ~問題点を強みに変えるみなかみ移住計画~」で、群馬県みなかみ町の伝統工芸・旅館・民宿などの後継者不足を改善するため、SNSやイベントを通じてみなかみ町の魅力を紹介、移住を推奨するプランだった。

 知り合いの高校生に、こんなコンテストがあるよ! ──と、紹介してあげよう。

◆「2019年度 地元再発見コンテスト」概要

【応募資格】現役の高校生(個人またはグループ)
【募集期間】2019年8月19日(月)~9月27日(金) (当日消印有効)
【表彰】
最優秀賞: 1人(あるいは1グループ) 賞状+褒賞金(10万円)
優秀賞: 2人(あるいは2グループ) 賞状+褒賞金(5万円)
審査員推薦賞: 数人(あるいは数グループ) 賞状+褒賞金(2万円)
参加賞: 記念品

※応募方法などの詳細はWebサイトで。

【応募課題】地元の自慢を探し出し、ビジネスにつなげよう

 皆さんの住んでいる地元には、日本全国や世界に誇れるものはありませんか? 一般的には知られていなくても、世界的な技術を持っている地元の中小企業等はありませんか? まだ日本全国ではほとんど知られていない地元の『観光ビジネス』につながるような、おいしい食べ物や優れた伝統商品、世界に誇れるような自然環境や文化遺産などはありませんか?

 皆さん自身で地元を調査して、地元の誇れるものを再発見してください。さらに、自分で見つけた地元の自慢できることをうまくビジネスにつなげて、地元をもっと元気にするにはどうすれば良いか考えてください。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ