“朝もぎ”が鉄則! タキイが教える“とうもろこし栽培”のポイント

2_normal

 タキイ種苗(京都市)は、甘くておいしい夏野菜のとうもろこし栽培のポイントを伝えて、自分で野菜を育ててみたい人を応援している。

 夏はバーベキューの季節で、それに欠かせない野菜の1つが甘くておいしいとうもろこし! 焼いて食べてもおいしいが、朝早くに収穫してすぐにゆでたとうもろこしは想像以上に甘くて濃厚、そして、みずみずしいおいしさなのだ。この時期から始めるとうもろこし栽培のポイントとは・・・。

 とうもろこしは光合成の能力が非常に優れた植物で、その能力はイネの約2倍ともいわれている。太陽が上がり日差しが降り注ぎ始めると、とうもろこしは光合成を開始。光合成をするには自身の中に蓄えたエネルギー=糖分を使うため、日中のとうもろこしは糖分が減少中の状態になる。夜になると昼の間の光合成で得たエネルギーを糖分に変えて蓄えるので、朝方に収穫したものが甘くなる。というわけで、“朝もぎ”するのが一番のコツだ。

 とうもろこしのこれからの栽培は抑制栽培となるが、7月下旬~8月中下旬に種まきをすると、10月上旬頃から収穫できる。気温も高くなるので発芽・生育も順調に進み、夜温が下がる秋に収穫すると、糖度が高くて食味が比較的長持ちする穂を収穫できる。ただし、春にタネをまいて育てる普通栽培とは違い、品種選びも気をつけなければならない。

●ポイント①品種選び

 抑制栽培では、種をまいてから実が熟すまでの期間が85日以上ある品種がよく、草勢が強い品種がおすすめ。タキイでは、「おひさまコ-ン88」、「キャンベラ90EX」などを挙げている。

おひさまコ-ン88
おひさまコ-ン88
キャンベラ90EX
キャンベラ90EX

●ポイント②水はたっぷり

 皮をむいたら、先端に実がついていなくてがっかり。というのがとうもろこしの栽培によくある失敗だが、原因は水不足。とうもろこしは生育過程で水分がたっぷり必要なのだ。先端までぎっしり詰まった実を収穫するには、開花したら収穫まで、十分な水やりを心がけよう。

5_normal

●ポイント③収穫適期を逃さない!

 収穫が早すぎると糖度が十分に上がらない。逆に遅れると粒皮のしなびや糖度の低下につながる。収穫適期は開花後20~25日ごろで、ひげ(絹糸)が茶色く変色し、先端の粒が真珠色からしっかり黄色に色づいたら収穫適期となる。収穫後は数時間で糖分が減り始めるので、なるべく早く食べよう!

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ