食育を推進する優れた取り組みを表彰します! 農林水産省が表彰されるべき個人・団体を募集

0001

 人間のカラダはその人が食べたものでできている。だから、「何を」「どうやって」「どれだけ」食べるか、といった問題は、存外大切なことなのだ。そこで重要になってくるのが「食育」だ。食育とは、「食」に関する知識と、バランスの良い「食」を選択する力を身に付け、健全な食生活を実践できる力を育むこと。

 農林水産省は、その大切な活動である「食育」を推進する団体による優れた取り組みを募集している。

 都道府県や政令指定都市、大学などの長が推薦する「ボランティア部門」と、自薦または他薦による「教育関係者・事業者部門」がある。

 募集対象は、「ボランティア部門」が、①食生活推進員および食生活推進員で構成される団体、②大学(短期大学を含む)、高等専門学校および専門学校の学生ならびに学生を主体とする団体、③食育推進ボランティアとして活動している個人および団体。

 「教育関係者・事業部門」が、①教育・保育、介護その他の社会福祉、医療・保険に関する職務従事者ならびに関係機関および関係団体、②農林漁業者(法人を含む)、農林漁業者を組合員とする協同組合および集落営農等農林漁業者グループ、③食品製造・販売その他の事業活動に従事する者(①および②に該当する者を除く)、④地方公共団体(食育推進会議が置かれている地方公共団体にあっては食育推進会議)。

0002

 募集は10月31日(必着)までで、電子メールか郵送での応募になる。応募先など詳しいことはホームページを参照。

 農林水産大臣賞は7点以内、消費・安全局長賞は14点以内を選び、来年6月27日に愛知県国際展示場(愛知県常滑市)で「第4回食育活動表彰」として表彰する。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ