りぼんっ子は集まれ~ “乙女のバイブル”『りぼん』の特別展!

「特別展 りぼん」公式ビジュアル
「特別展 りぼん」公式ビジュアル

 月刊誌『りぼん』を読んで育ったという女性も少なくないだろう。1955年創刊のりぼんは、最盛期の1993年には最高発行部数255万部を記録している。その当時の連載漫画を読むと、自分の青春時代を思い出すという人も多いかな? りぼん展実行委員会は、7月18日(木)にスタートする新宿タカシマヤを筆頭に、京都・長野・佐賀で「特別展りぼん―250万りぼんっ子大増刊号」を開催する。

 展覧会に登場するのは、当時の人気を支えていた11人の作家たち。連載当時の貴重な原画などが約120点集まるほか、懐かしの付録約150点も展示される。さらに、この特別展のために描き下ろされたイラストや秘蔵のアイテムも! また、吉住渉氏の新作書き下ろし原画の作画風景や、一条ゆかり氏のインタビュー映像など、りぼんファンにはたまらない内容になっている。そして、特設ショップでは人気作品のオリジナルグッズも販売される。

 エントランスを飾るのは、もちろんりぼん本誌やそのコミックス。一部を除き撮影が可能だから、青春時代を振り返りながら思い出の写真をバシバシ撮っちゃおう。11人の作家たちは、彩花みん・池野恋・一条ゆかり・岡田あ~みん・小花美穂・さくらももこ・椎名あゆみ・柊あおい・水沢めぐみ・矢沢あい・吉住渉(50音順)。

 新宿タカシマヤ会場のチケットは、当日大人1,000円、大学・高校生800円。中学生以下は無料。前売りは大人800円、大学・高校生600円。当日、前売りともにチケット1枚に対し、数量限定でオリジナルのしおり1枚が配布される。当日券のしおりは日にちによってデザインが異なるから、お目当ての作家のしおりがいつ配布されるか公式サイトでチェックしておこう。

新宿タカシマヤ会場
会期:2019年7月18日(木)~7月28日(日)新宿高島屋11階特設会場
時間:10:00~19:30(7月19・20・26・27日は20:00まで。最終日は17:30まで)

京都タカシマヤ会場
会期:2019年10月30日(水)~11月10日(日)

ながの東急百貨店会場
会期:2020年1月下旬

佐賀県立美術館会場
会期:2020年3月14日(土)~5月10日(日)


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ