夏休みは星空を楽しもう 天体望遠鏡の使い方が分かる本

main

 キャンプに行って天体観測を楽しむ。夏休みらしい夜だ。でも天体望遠鏡って難しそう、という人のために、基本的な知識から操作方法まで、写真や図を使って分かりやすく解説した『星を楽しむ 天体望遠鏡の使いかた』(誠文堂新光社)が刊行された。

 まずは、見たい天体に応じた望遠鏡の選び方、その観察方法と観察のポイントなど、ビギナーが天体望遠鏡を使いこなすために必要なことをやさしく紹介している。望遠鏡の組み立て方や、基本的な操作手順、調整の仕方も丁寧に写真や図入りで解説。これから天体望遠鏡の購入を考えている人、天体望遠鏡を手に入れたけど操作がイマイチ分からない人でも、星の世界をのぞく楽しさを味わえるようになるまで導いてくれる一冊だ。

 「星を楽しむ」シリーズとして、「星空写真の写しかた」「天体観測のきほん」「星座見つけかた」「双眼鏡で星空観察」など、星の楽しみかたが分かる書籍が続々登場予定だ。税別1,800円。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ