AIが好みの香りを最適な時間に噴射  AI搭載アロマディフューザー「Scentee Machina」

 ストレスを軽減したり、気持ちを落ち着かせたりする効果がある“香りのセラピー”アロマ。せっかくアロマディフューザーを買ったけど、ついつい使うのを忘れてしまっている、なんて人も多いのでは 寝る前や読書をしている時にアロマを使えば、いい気分転換にもなるはず。セットするのがちょっと面倒~という人は、AIが搭載された最新商品を買ってみる? 

 プラススタイル(東京)は、スマホアプリと連携してお気に入りの香りを噴霧できるAI搭載のアロマディフューザー「Scentee Machina Quattroを発売した。好みの香りを楽しむことができるのは通常のディフューザーと一緒だが、 Quattroという商品名通り4本のボトルを設置できるのが特徴。そして過去の使用履歴から、AIが好みの時間帯に好みの香りを自動で噴霧してくれるという! 

 香りが届く範囲は約20畳と広く、選べるフレーバーもオリジナルの12種類。チョコレートバニラレッドワインといった食べ物系から、ベッドルーム石けん、そして王道のサンダルウッドやヒノキ(サイプレスまで。あなたのベスト4を選んで、好きなシーンで使分けよう。アプリ「Scenteeを使うと、噴霧時間を設定したり香りを変更したりできるほか、香りの強さの調整、ONOFFそしてフレグランスボトルの残量もチェックすることができる。 

 帰宅前から「今日はどの香りにしよう?」と、家に帰るのが楽しみになるかも? 自然系を集めた「Natural Beautyセット」や、夏を感じることができる香りのセット「Summer Vacation」(ともに本体付き、税込み99,058円)などがある。 

 なお、1本のボトルを設置できるタイプのScentee Machina UNO」(税込み3万2円)もある。

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ