揚げたては“彼ら”の仕事 コンビニ向け調理ロボット登場

d31342-8-362648-0 熱いものも冷たいものも、“作りたて”が増えているコンビニ食。店員さんも大忙しだ。そこで登場するのは、もちろんロボット。コンビニの店内調理を助けてくれる「Hot Snack Robot」(コネクテッドロボティクス・東京都小金井市)が、7月9日から東京ビッグサイトで開かれる「FOOMA JAPAN 2019 国際食品工業展」で展示される。

 コンビニで売っているいわゆるホットスナックの調理工程をこのロボットが行う。から揚げなどをフライヤーで揚げたり、注文を受けてから、商品を冷蔵庫から取り出したり。保温庫の在庫管理などもできるという。展示は、食品サンプルではなく実際のから揚げを作る調理工程を見ることができ、このロボットが調理をしたものをその場で試食することも可能だ。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ