食卓で楽しむ五山送り火 醤油をかけると文字が

img_185308_1 夏の風物詩、京都五山送り火。実際に行ってみたいけど無理、という人は、せめて食卓の上で。男前豆腐店(京都府南丹市)が、この送り火をイメージしたオリジナル豆腐「五山の送り火とうふ」を8月13日~16日までの期間限定で発売する。

img_185308_2

 京都五山送り火は、先祖の霊をお送りするという精霊送りの意味を持つお盆の行事。毎年8月16日、京都を囲む5つの山に「大文字」、「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」の順に点火されていく。その風情を食卓で感じ涼をとる、ちょっと楽しいお豆腐だ。容器は山をイメージした形で、醤油をかければそれぞれの文字が浮かび上がるオリジナルパック。売り上げの一部は「京都五山送り火」の保存・継承に役立てられるという。価格は98円(税別)で、京都府のスーパーマーケットで販売する。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ