ミニマリストを目指してみる? サイズを変更することができる財布「ピタマグウォレット」

1556187105555 住宅にしても、かばん・財布にしても、「収納力」は1つのキーポイント。でも、収納スペースがあればある分だけ、物がたまってしまうという欠点もあるよね? 断捨離がすっかり定着し、海外にまで普及している昨今。まだ実行できていないという人は、とりあえず身近な財布から始めてみるのはどう?

 “Less is more, Be yourself.(シンプルに、あなたらしく生きよう。)”をブランドコンセプトにしているRasicalは、カジュアルからフォーマルまで対応可能な、用途に合わせてサイズを変えることができる財布「ピタマグウォレット」をクラウドファンディングサイトで販売している。

 用途に合わせてサイズを変更って?と思った人も多いだろう。財布は通常、最初から小さめか大きめを選んで購入するものだが、ピタマグウォレットはTPOに合わせて、カードケースを着脱することで大きさを変えるられるのが最大の特徴だ。

 同社では当初、究極にミニマライズした財布「ニルウォレット」を販売したが、究極すぎるスペックだったため、一部の人からはかえって「使いにくい」という意見が出ていた。それを改良し、長財布やコイン入れとしても使えるようにしたのがピタマグウォレット。必要な時は収納でき、身軽になりたい時はサイズを小さくすることができる“減らせる”お財布だ。

小さいけどこんなに入る
小さいけどこんなに入る

 ピタマグウォレットのパーツは、カードが約5枚入るカードケースと後ろにコインポケットが付いている外側カバーの2つ。用途に合わせてカードケースだけ、カバーだけと使え、収納力がほしい時はケースとカバーの両方を使えば、お札もコインもカード・レシートも全部持ち歩くことが可能だ。財布本体(カバー)とケース表面は本革だから、仕事やフォーマルな場面でもOK。バリエーションは、ベージュ×レッド、ブラウン×グリーン、ネイビー×イエローの3つ。サイズは最大100×69×25mm。重さも約150gと軽量だ。

 クラウドファンディング形式での販売は7月15日(月)まで。一般販売予定価格は1万円。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ