バンドも薄型へ シチズンの世界で最も薄い光発電時計

シチズン エコ・ドライブ ワン
シチズン エコ・ドライブ ワン

 わずか2.1mmのバンドだ。シチズン時計(東京都西東京市)が、世界で最も薄い光発電時計「エコ・ドライブ ワン」の装着感をさらに極めた3モデルを7月上旬に発売する。

プリント

 2016年に誕生した、ケースの薄さ2.98mm(設計値)の「エコ・ドライブ ワン」の新モデル。バンドの駒一つひとつの加工精度を高め、従来のステンレンスバンドより0.3mm薄い、2.1mmの薄型バンドを実現した。艶のあるブラックカラー。ベゼルには、薄さと強さの相反する要素を満たす新素材「サーメット」を採用し、モデルによってそのカラーを使い分けてデザインを引き立たせた。正確に時を刻み続けるという時計本来の機能と、研ぎ澄まされた薄さを併せ持っている。希望小売価格は40万~43万円(税別)。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ