魯肉飯も作れちゃう! 台湾調味料を使いこなす一冊

main 台湾を訪れる人を魅了してやまない、現地ご飯の数々。あの味をもう一度、と焦がれる台湾リピーターのための一冊が出る。現地の味を家で再現できる『台湾調味料 いただきます手帖』(沼口ゆき著、誠文堂新光社・東京)が7月5日に刊行される。

 魯肉飯(ルーローファン)や菜脯蛋(ツァイプータン)、鹹豆漿(シェントウジャン)。魅惑の台湾料理の陰の立役者は、やはり調味料だ。豆板醤(トウバンジャン)や沙茶醤(サーチャージャン)といった、大陸や香港で愛されてきた調味料も、台湾ではちょっと違った使われ方だったり、台湾醤油や甘いマヨネーズなど、独自の進化を遂げているものもある。

 台湾に行くとつい買ってしまう、または、お土産にもらうことも多い調味料だが、使いこなせているかといえば、微妙な人も多いのでは?そこで、台湾通の著者おすすめの調味料と、それを使った現地ご飯のレシピが載っているのが本書。紅焼豆腐や酸菜白肉火鍋などが家で簡単に作れるし、魯肉飯などに欠かせない紅葱酥や、ゆで鶏につけると絶品の金柑醤などの手作りレシピも掲載している。価格は税別1,400円。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ