アビオットからハイブリッドドライバー搭載のワイヤレスイヤホン ピエール中野コラボモデルも!

sub5 ワイヤレスイヤホンの日本ブランド、アビオット(AVIOT)から、ダイナミックドライバー1基とBA(バランスドアーマチュア)ドライバー2基を搭載したBluetoothイヤホン、WE-BD21d(1万3,000円・税別)とTE-BD21f(1万7,500円・同、そしてピエール中野モデル「TE-BD21f-pnk」(オープン価格)が登場する。ワイヤレスタイプでは珍しいハイブリッドドライバー構成、さらにTE-BD21fは今、人気急上昇中の完全ワイヤレスであることも注目される。取り扱いはオーディオ機器、IoT機器などの販売のバリュートレード(東京)で、発売はWE-BD21d6月8日、TE-BD21fとコラボモデルが7月下旬の予定。 

  WE-BD21dは軽快なネックタイプで黒と白の2色。自然で広い再生帯域をもつ特に低音が得意なダイナミックドライバーと高感度で中高音に有利な特性をもつBAドライバーの3ドライバー構成は、ワイヤレスイヤホンでは珍しい。本体は高強度のジュラルミンでローレット加工が施されていたり、ケーブルの被覆にはケブラー繊維を使ったりして断線対策とするなど、よく考えられている。装着性についても、あえて専門メーカー製のイヤーピースを採用。IPX5の防水規格もクリアしている。 

  対応コーデックはSBCとAAC、さらにaptXaptX HDで、iPhoneやAndroidスマホで、さらに高品位な再生が可能。電池持続時間は、最長約13時間(2時間充電)。重さは約13g。 

  そして注目なのが、ケーブルがまったくない完全ワイヤレスタイプのTE-BD21f。このタイプでのハイブリッド3ドライバーの搭載は、ほとんど例がない。Bluetoothは最新デバイスのクアルコムQCC3020を使い、独自の省エネ設計と相まって5.9g(片側)の軽量と最大7時間の連続再生を両立している。音切れについても本体に内蔵するアンテナを見直して新設計を行い、電車の中や駅構内といった電波環境が厳しい場所での音切れを抑えている。対応コーデックはSBC、AAC、aptX 

  本体は無垢のジュラルミンにローレット仕上げ。専門メーカー製イヤーピース採用している。約3回、イヤホンの充電ができる充電ケースが付属。仕上げ色はブラック、シルバーのほかバイオレットも用意。コラボモデルは、この完全ワイヤレスイヤホンをベースとしながら、“凛として時雨ドラムス担当であるピエール中野が音質・デザインを監修。同バンドが主題歌を担った人気アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」のヒロイン・常守 朱(CV:花澤香菜)がボイスアナウンス担当なのも、コラボモデルならではだ。 

 


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ