葛飾北斎のチョコレートはいかが? 浮世絵の世界観が味わえるお中元ギフト

北斎チョコレート イメージ
北斎チョコレート イメージ

 チョコレートといえば洋菓子だが、そこに吉祥文様などの和の要素を素材・模様などで取り入れているのが東京都墨田区の「ショコラティエ川路」だ。浮世絵の世界観を楽しむことができて、お中元ギフトにも使える「北斎チョコレート」(4粒セット)(税別1,500円)を発売した。

 和ショコラが専門のショコラティエ川路は、店のロゴにも吉祥文様の1つである「七宝」をモチーフに使っている。墨田区は浮世絵師・葛飾北斎が生まれた地であり、北斎の作品を使ったショコラを作りたいと開発されたのが北斎チョコレート。今回のセットに含まれるのは、「神奈川沖浪裏」、「赤富士(凱風快晴)」、「神田明神休茶屋」に描かれている女性の着物柄から取った「桜割文様」「源氏香と若松文様」の4種類。

赤富士/ エクアドル産のローチョコレート70%を使用したビターなショコラ
赤富士/ エクアドル産のローチョコレート70%を使用したビターなショコラ
神奈川沖浪裏/ 希少なホワイトカカオを使用したビター70%のショコラ
神奈川沖浪裏/ 希少なホワイトカカオを使用したビター70%のショコラ

 神奈川沖浪裏は、希少なホワイトカカオを使ったビター70%の1粒。赤富士は、エクアドル産のローチョコレート70%を使用したビターショコラ。桜割文様は、きな粉と黒蜜をミルクチョコレートで合わせた1粒。源氏香と若松文様は、高知産のユズを煮詰めたコンフィーと墨田区限定の日本酒のガナッシュの2層からなるショコラだ。

 目で舌で和のショコラを味わい尽くそう。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ