オーディオテクニカからテレビの音をはっきりと聴くためのワイヤレススピーカー

0604 オーディオテクニカがテレビのためのワイヤレススピーカー-img 音響機器のオーディオテクニカ(東京都町田市)は、デジタルワイヤレススピーカーシステム「AT-SP767XTV」を、6月14日に発売する。離れた場所でもテレビの音声をより鮮明に聴き取れるようになり、テレビ本体の音声を大きくする必要がなくなる。色はブラック、ホワイトの2仕様があり、オープン価格。市場価格は1万7,000円前後。

 人の声を強調する技術を採用していて、テレビのセリフやニュースを、よりはっきりと聞くことができる。家族が寝ていてテレビの音を下げたい、テレビから少し離れたキッチンから番組を見たい、またお年寄りには音声を聞き取りづらいといったときなどに活用できる。

0604 オーディオテクニカがテレビのためのワイヤレススピーカー-main

 使い方は付属する送信機とテレビのデジタル音声出力やアナログのヘッドホン端子をつなぐだけ。スピーカーとの間で長いケーブルを引き回すことなく、音を出すことができる。電波が届く範囲は約30mで、もちろんWi-Fi環境などは要らない。

0604 オーディオテクニカがテレビのためのワイヤレススピーカー-tmr-base

 本体は充電池を内蔵しており最大約16時間、連続で動作。送信機の上に置くだけで充電できるのも使いやすい。スピーカー部は水滴がかかってもOKなIPX2クラスの防滴仕様なのでキッチンの水周りでも使える。テレビ音声の信号が無くなったり、小さい状態を検知すると自動的に電源をオフにする機能があり、切り忘れを防ぐのも便利だ。大きさと重さは、スピーカー部が高さ128×幅196×奥行84mm/約630g、送信機が高さ36×幅180×奥行77mm/約130g。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ