洛北を行く列車でおいしいショートトリップ 京都の奥深さを味わう食事とティータイム

観光列車「ひえい」
観光列車「ひえい」

 旅は、“行く道”の時間も味わいの一つ。列車や船の旅は、その緩やかな時間自体が十分に旅の目的になる。京都・洛北を走る観光列車「ひえい」(叡山電鉄・京都市)は、食の魅力体験トレイン 「THE THOUSAND TRAIN(ザ・サウザンド トレイン)」 を6月25日限定で運行する。THE THOUSAND KYOTO(京阪ホテルズ&リゾーツ・京都市)のシェフたちが腕をふるう料理を、ゆっくり堪能できる。

観光列車「ひえい」

 京都の奥深さを体感する観光体験プログラム、「OKUTRIP KYOTO(オクトリップ キョウト)」の新たな企画。豊かな自然を感じながら、京都・出町柳から八瀬比叡山口駅まで、ショートトリップと食の組み合わせだ。往路は、「ひえい」車内で楽しむホテル特製アミューズ&シャンパンのサービスで出発。メインディッシュは、八瀬比叡山口駅のホームに特別に設営された屋外レストランで、芸舞妓の舞を堪能しながら味わえる。そして復路はティータイムだ。

アミューズ&シャンパンで出発
アミューズ&シャンパンで出発

 車窓から臨む豊かな緑とおいしい食事。なにより、ゆったり過ごす時間がご馳走かもしれない。価格は1人2万5,000円~2万7,000円(税・サービス料込み)。予約はwebサイト または電話( JTB京都支店 075-365-7722/9:30~17:30 土日祝休)で。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ