オーブンと話しながら料理の時代!? クラウド連携でアドバイスも

d12900-340-256628-0 食材などに応じたおすすめの調理方法をアドバイスしてくれる調理器具が、6月13日に発売される。シャープのウォーターオーブン「ヘルシオ」の2機種。オーブンと話しながら料理、の時代だ。

 ウォーターオーブンは、たっぷりの蒸気で野菜の食感を残して調理する機能を搭載。AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」で、調理方法をアドバイスしてくれる。たとえば「ほうれん草を蒸したい」と話しかけると、ヘルシオが、「ほうれん草のゆで方、蒸し方だね。低温で蒸す低温蒸し青野菜コースは、シャキシャキとした食感を残すよ」という具合に提案してくれるのだそうだ。調理履歴や使い方に応じて、話しかけなくても、ヘルシオ側から使いこなしワザなどを音声でアドバイスする機能も新たに搭載された。

 「まかせて調理」なら、冷凍や冷蔵、常温など、食材の温度や分量を設定しなくても、調理方法を選ぶだけで火加減や時間を自動調節してくれる。価格はオープンで市場価格は19万円前後(税込)。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ