ヤマハからWi-Fi対応の多機能ワイヤレススピーカーの新色ホワイトが登場

MusicCast 20
MusicCast 20

 ヤマハは同社ホームネットワークシステムに対応したワイヤレススピーカー「MusicCast 20(WX-021)」の白色タイプを6月上旬に発売する。MusicCast 20は、スマホなどにインストールした専用アプリや同社のAV機器とも一体となって、さまざまなスタイルで音楽が楽しめる環境が作れるモデル。従来はブラックのみだった。オープン価格で店頭などでは3万円前後(税別)を見込む。

 MusicCast 20はふつうのワイヤレススピーカーと同じくBluetoothに対応しているばかりでなく、家庭のWi-Fi環境につながることができるのが大きな特徴。スマホやタブレットにインストールした専用アプリを使って、スマホにある音楽コンテンツだけでなく、ネットワークでつながったNAS、パソコンのなかの音楽ライブラリーを聴ける。また、インターネットのラジオ(radiko、radikoプレミアム)や音楽配信(DeezerHifi、Spotify、Airplay2)のサービスも受信可能。

MusicCast 20

 同社のAVアンプやサウンドバーなどの対応機器と組みわせると、音楽コンテンツを送ったり、受け取ったりができるので、たとえば自分の部屋にある小型コンポの音をリビングに置いたこのMusicCast20で聴くなどの、いろいろな使い方ができる。さらに対応オーディオアンプと組み合わせたステレオ使用(左右2台)やAVアンプのサラウンドスピーカーとしても使うことができる。

 アマゾンの音声サービスAlexa(アレクサ)にも対応しており、アマゾンのエコー・シリーズからの音声による操作(電源や音量、選曲など)が可能。40Wアンプ内蔵、消費電力10W、大きさと重さは、幅150×高さ186×奥行130mm/2.2kg。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ