JBL伝統のホーンシステムを搭載 スピーカーシステム「STUDIO6」シリーズ登場

0529 JBLからホーンシステム搭載スピーカーsub1

 輸入オーディオ機器のハーマンインターナショナル(東京)は、米国JBLブランドのスピーカーシステム、STUDIO 6シリーズの各モデルを6月上旬から順次発売する。

 ラインアップは、フロア型の「STUDIO 698」(1台10万円・税別、以下同)と「STUDIO 680」(1台7万円)、小型ブックシェルフの「STUDIO 630」(ペア9万円)と「STUDIO 620」(ペア7万円)に加えて、センタースピーカー「STUDIO 625C」(1台5万円)、サブウーファー「STUDIO 660P」(1台12万円)でオーディオからマルチチャンネルのホームシアターまでフル対応している。

0529 JBLからホーンシステム搭載スピーカーmain

 JBLが得意とする高域ホーンシステムの搭載がシリーズ共通(660Pを除く)の大きな特徴。同社のプロ機器部門がコンサートの音響システム用に開発した技術が使われていて、独自開発の新素材振動板Teonex®ダイアフラム採用の25mm径ネオジム・コンプレッションドライバーを搭載。加えて、コンプレッションドライバーに最適化されたホーンを持つ。低域ウーファーも同社ハイエンドモデルと同じ振動板や磁気回路として、高解像度の明瞭な高音と歪が少なくクリアな中低音で、小音量時から大音量時まで質の高いサウンドが楽しめるとしている。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ