人気の「花火大会」ランキング 3年連続で1位になったのは「大曲花火大会」!

大曲(おおまがり)花火大会
大曲(おおまがり)花火大会

 この暑さ、夏が早くも到来したという感じだが、夏ならでの行楽と言えば花火──全国各地で開催される花火大会を見に行きたいという人も多いのでは? 著名な花火大会ともなると、早くも5月には有料席の販売が開始される。そこで、阪急交通社(大阪市)では、夏の花火大会関連ツアーの昨年度申込者数を集計。人気がある花火大会は・・・。

 以下、ベスト10の花火大会をまとめた。

1位 大曲(おおまがり)花火大会<秋田県大仙(だいせん)市>

2位 長岡まつり大花火大会<新潟県長岡市>

3位 ハウステンボス花火大会<長崎県佐世保市>

4位 足利花火大会<栃木県足利市>

5位 勝毎(かちまい)花火大会<北海道帯広市>

6位 ぎおん柏崎まつり海の大花火大会<新潟県柏崎市>

7位 関門海峡花火大会<山口県下関市、福岡県北九州市>

8位 天神祭 神賑行事「奉納花火」<大阪府大阪市>

9位 びわ湖大花火大会<滋賀県大津市>

10位 青森花火大会<青森県青森市>

 対象:阪急交通社による2018年7月1日~9月30日開催分の花火大会関連ツアー申込者数

 100年以上の歴史を誇り、毎年70万人以上の観客を集めるという大曲花火大会は3年連続の1位! 全国の花火師が集まって技を競い合う全国花火競技大会でもあり、優秀な花火師には内閣総理大臣賞や経済産業大臣賞などが贈られる。大曲の花火は全国で唯一、昼花火の競技が開催される珍しい花火大会だ。

 そのほか、2位の長岡まつり大花火大会と3位のハウステンボス花火大会は前回から順位が入れ替わり、足利花火大会、天神祭 神賑行事「奉納花火」、青森花火大会が新しくランクインした。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ