フォステクスからユニークな完全ワイヤレスイヤホン

0529 フォステクスがユニークな完全ワイヤレスイヤホン-_Cladle 音響機器のフォステクス(東京都昭島市)は、完全ワイヤレスイヤホンTM2を5月31日に発売する。新技術でノイズや音切れを大きく抑え、着脱式ケーブルの採用で別のイヤホンをワイヤレスで使えるという拡張性を持った新スタイルのモデルになっている。オープン価格で、店頭などでは2万9,500円前後(税込)の予想。

 本体はBluetoothレシーバー(受信機)、着脱式ケーブル、イヤホン(MMCXコネクター)の3ピース構成。レシーバーにはクアルコム社製の最新デバイス(QCC3026)を使い、対応する送り出しのスマホやミュージックプレーヤーとのペアリングでは左右独立で電波(信号)を送れるので、完全ワイヤレスタイプで特に多かったノイズ、音切れを大幅に抑えているという。従来の接続方法でも、左右ユニットのバッテリー残量に応じて、動作を司るマスターを自動的に切り替え、電池の持ちをよくする機能もある。

0529 フォステクスがユニークな完全ワイヤレスイヤホン-_分離

 もうひとつのポイントがレシーバーとイヤホンを結合させる着脱式フレキシブルケーブルだ。コネクター部が汎用のMMCX規格なので、同じコネクターを使う有線タイプをワイヤレス化して楽しむことができる。イヤーフック式で耳の後ろの形に合わせて調整できるフレキシブルタイプなので、さまざまなイヤホンで使えるのもうれしい。なおオプションで、このコネクター部がハイエンドモデルに多い2ピンタイプも同時発売となる。

 リモコン/マイクを内蔵。約1.5時間の充電で最大約10時間の連続再生が可能。ノイズキャンセリングに加え、IPX5の防水性能を持つ。本体の重さは11g(片側)。

0529 フォステクスがユニークな完全ワイヤレスイヤホン-main


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ